【LINE Creators Market】LINEスタンプ審査基準まとめ&よくあるリジェクト理由

ガイドライン要約

  • 画像のサイズやフォーマットを守りましょう。
  • 性的表現は全NG
  • 日常会話で使えるものにしましょう。
  • あまりにも単純なイラストや文字だけのスタンプはNG
  • スタンプ内の誤字はもちろん、説明文と実物がチグハグなのはNG
  • 著作権をほんの少しでも侵害したら即NG
  • 告知や宣伝に使ってはいけない
  • 酒/たばこを助長するような表現はNG
  • 差別を助長するものはNG
  • 違法なものを助長するものはNG
  • パチンコ/競馬などの賭け事を助長するものはNG
  • 生き物を刺したり切ったり撃ったり残忍な表現はNG

LINE公式ガイドライン

よくある画像のリジェクト例

1. スタンプセットの中に、似た画像が複数入っている。

下の図の様に、目・眉毛・輪郭を使い回し、手や文字のみを変更している場合リジェクトされます。



2. 2ちゃんねる風イラスト

アスキーアートやモナー、記号を組み合わせた顔文字などは全てリジェクト。



3. 性的な表現がある

 人間の裸を想起させるスタンプはリジェクトされます。特に乳首を書いたり、股間に黒い影を書いただけでリジェクトされた例もあります。
重要なのは”人間の裸”であるかどうかです。動物だとあきらかに分かる場合は裸でも大丈夫な事が多いです。
また、”パンツ”の表現にも厳しく、パンツを頭にかぶったようなキャラを描くとリジェクトされる事があります。



4. 色数が少ない。シンプルすぎる

 具体的に言うと、2色以下で構成されたスタンプはリジェクトの対象となる事が多く、3色以上使用した物は通りやすいです。



5. 写真を使っている

写真を加工した物はどれだけ頑張って作ってもリジェクトです。



6. ドラクエ風ドット絵

ス○イムなどのモンスターは当然NGですが、ドラクエ内で出てくる吹き出しを真似たようなイラストもリジェクトされる事があります。



7. 赤十字などのなんらかの団体を連想させるマーク

企業ロゴなんてもってのほかですが、つい使ってしまいがちな赤十字のようなマークもリジェクトの対象となります。



8. うんこキャラはダメ

割と作ってる人が多いうんこキャラですが、どんなにかわいくてもリジェクトされます。公式スタンプの中にはあるじゃん!とかいう空気の読めない発言をしてはいけません。
[5/23追記]スタンプの一部であれば”うんこ”が入っていても審査が通る事があるそうです。



9. 使い道が無いスタンプ

料理だけ。建物だけ。のような、スタンプはリジェクトされる可能性が高いです。



10. 透過忘れ

40個も書き出しをしていると、1つくらい忘れる事ありますよね。
1つでもあった場合、容赦なくリジェクトです。リクエストする前に確認しましょう。


11. 関連性の無い2つのイラスト

関連性があまりにも低いスタンプを2つ以上、同じセットとして登録するとリジェクトされる事があります。
たとえば「カブトムシスタンプ」と「ネコスタンプ」を別々で作り、それぞれを20個ずつ合わせて「カブトムシとネコ」として売り出そうとするとリジェクトされます。
「カブトネコ」というネコに角が生えたようなキャラや、「カブトムシくんとネコちゃんは仲良し」として2匹が仲睦まじく遊んでいる場面を描いたスタンプだったら大丈夫です。


12. 小さすぎるスタンプ

スタンプのサイズが小さすぎるとリジェクトされる事があります。


13. 文字の割合が多すぎるスタンプ

ひとつのスタンプに対して、文字数があまりにも多いとリジェクトされます。
ポエムスタンプのような物は作る事が出来ないようです。

よくあるテキストのリジェクト例

1. 英文に全角文字が含まれる

英文として正しいかどうかよりも、全角文字などが入っているかの方が厳しいです。特に翻訳した時に「!」や「♪」「★」などの記号を入れがち。
その他、全角空白が入っていてもリジェクトされる模様。
※スタンプ登録時の入力フォームがアップデートされて、全角文字入れたらエラー吐いてくれるので今後はこういうリジェクトは少なくなりそう。

2. 日本語説明文に記号が含まれる

詳細は分かりませんが、日本語表記でも一部の記号が使えない事があるようです。

3. タイトルに”LINE”と入れる

スタンプのタイトルに”LINE”という文言を入れるとリジェクトされます。
審査の流れと審査期間(ザックリ)

審査の流れと審査期間(ザックリ)

1. 制作(50~100時間)

2. 申請(2~5時間)

3. 承認待ちステータス:審査待ち(1週間~1ヶ月)

4. 承認待ちステータス:審査中(1ヶ月~3ヶ月)
↓ ※この間アップデートが3~5回

5. 承認待ちステータス:承認

6. 販売開始

※二次創作物が全てNGであるクリエイターズスタンプですが、二次創作でない事を確認するのに、かなりの時間がかかっていると思われます。
著作権を証明できるものがあれば審査時に提出しましょう。審査期間の短縮が期待できます。

≪2014/4/17~4/23頃に申し込んだ方≫
審査は、次のどちらかに当てはまる事が多いようです。
・登録後すぐ(数時間)審査中になり、審査中のまま1ヶ月以上音沙汰なし。
・登録後、審査待ちのまま1~2ヶ月経過し、審査中になりすぐ(数日で)審査が通る。

審査速報(ザックリ)

4月17日 ・・・ クリエイターズスタンプ審査開始

5月08日 ・・・ クリエイターズスタンプ販売開始

5月17日 ・・・ 3,000番台 が審査開始

5月19日 ・・・ 5,000番台 が審査開始

5月25日 ・・・ 10,000番台 が審査開始

5月26日 ・・・ LINEアプリにクリエイターズスタンプへの導線が出来る。

6月5日 ・・・ 15,000番台 が審査開始

6月18日 ・・・ LINEアプリのクリエイターズスタンプの導線が、少し良くなる。

6月24日 ・・・ 20,000番台 が審査開始

7月18日 ・・・ 40,000番台 が審査開始

8月11日 ・・・ 50,000番台 が審査開始

8月25日 ・・・ 60,000番台 が審査開始

※5月中盤から審査スピードが向上し、”審査中”ステータスになるスタンプが格段に増えました。
※販売開始されるスタンプは10個/1日程度だったものが6月頃から100個/1日ほどになりました。

どのくらい売れるのか?

1~3位...3000~8000個/1日(利益:15万~40万)
4~10位...1000~3000個/1日(利益:5万~15万)
11~50位...500~1000個/1日(利益:2.5万~5万)
51~100位...500~1000個/1日(利益:0.5万~2.5万)
101~200位...300~500個/1日(利益:0.2万~0.8万)
201~400位...100~300個/1日(利益:0.1万~0.2万)

※5/26にLINEアプリからクリエイターズスタンプへの導線が出来た為、売り上げが伸びたようです。
※決済方法の違いや、購入された国によって1個当たりの分配金(35円前後)が変わります。
LINEクリエイターズスタンプ売上ランキング

売れてるスタンプの特徴

1. 日常会話で使えるもの

購入したユーザーが日常的に使う。それ自体がプロモーションになり、さらに購入者を増やすと言う好循環を生みだしている。

2. 実際にハードユーザーに使ってもらいながら、マーケティングをしている。

”ただなんとなく作ってみた”や、キャラがカワイイだけではなかなか売れない。
実際にLINEユーザーに(画像の段階で)使ってもらいながら意見を吸収し、”今まで無かったもの”や”かゆい所に手が届く”ものを作り上げている。

3. プロモーションをきちんと行う。

twitter、ブログ、NAVERまとめなどを使って自身のスタンプをプロモーションしている。販売スタートの段階でランキングを上げる事によってユーザーの目に着く機会を増やしていいる。

4. 海外でも使える物を作る

スタンプ内の言葉を英語にしたり、日本文化を全面に出すスタンプを作る事で、海外のユーザーにも使ってもらえるようにする。


当たり前と言えば当たり前ですが、かなり努力をされています。
※ブログを更新したらtwitterでつぶやいてますので、よければ@kenchokiをフォローお願いします。

※このブログに書かれている内容について、間違いなどありましたら、CONTACTからご連絡下さい。

※審査基準はこれから変わる可能性があります。